RedSealを15分で理解する

 2018.07.07  株式会社テリロジー 技術統括部

こんにちは。
ここ数年間、体重が右肩上がりで自己ベストを更新中の山内です。

夏に向けてシェイプアップしたボディを手に入れたいと思いつつ、深夜のラーメン&ライスのセットがどうしてもやめられません。 
暑い日が続きますが、そんな日は熱々のラーメンで乗り切っていきましょう!!

さて今回は、「RedSealを15分で理解する」と称して記事を書かせて頂きます。

そもそも「RedSeal」って何? 

今回ご紹介させて頂くRedSealですが、当社のホームページでは「ネットワークセキュリティ監査」や「ネットワークインフラ基盤のサイバーセキュリティー分析ソリューション」とご紹介させて頂いております。

正直、RedSealで一体何ができるのか、この説明だけじゃ全然わからないですね。 

簡単に言うと「ネットワークデバイスのコンフィグを読み込むことで色んなことができちゃうツール」になります。

「RedSeal」でできること

「じゃぁ、色んなことって何なの?」というのが、以下の内容になります。

  • ネットワークデバイスのコンフィグファイルを読み込むことが可能
  • 読み込んだコンフィグからネットワーク構成を可視化 
  • コンフィグ内のセキュリティの弱い設定をチェック
  • ネットワークのアクセス経路を可視化
  • あらかじめ設定したポリシーに違反するアクセスリストやFWルールを検出
  • 脅威のあるネットワークからアクセス可能なネットワークをリスト化

その他にも、脆弱性スキャナ*1と連携を行うことで、以下が可能です。

  • 脆弱性を持つホストをネットワーク構成上に表示
  • 脆弱性を持つホストへのアクセス経路を可視化
  • 脅威のあるネットワークから脆弱性をつくアクセス経路を可視化

そんな当社一押しのRedSealを15分で理解できるスライドをご用意しました。

是非、一読頂ければと思います。

RedSealを15分で理解するスライド

from 株式会社テリロジー コンサルティング&ソリューション技術統括部

www.slideshare.net

ではでは。

*1:脆弱性スキャナ:サーバなどのデバイスをスキャンし、脆弱性の検出が行えるツール


RECENT POST「技術コラム」の最新記事


技術コラム

Sumo Logic Collecterの設定移行の方法  

技術コラム

Nozomi Networks Guardianスマートポーリングで資産の見える化、Log4jを検出してみた。

技術コラム

サイバーセキュリティとレイヤーディフェンスについて

技術コラム

Pulse Connect Secureの脆弱性(CVE-2021-22893)について

RedSealを15分で理解する